名倉堂整骨院logo

グループ院一覧はコチラから

【暑くなり始めに注意】さがみ名倉堂整骨院グループ スタッフブログ

名倉堂整骨院グループ 地域No1まちの整骨院
あきらめないで、その痛み!!骨と筋肉のプロフェッショナルがあなたの体を徹底改善

スタッフブログStaff Blog

暑くなり始めに注意

2019.06.30
カテゴリー

こんにちは

さがみ名倉堂整骨院本院です。


春の気温も終わりつつあり、これから夏に向けて暑くなり始める時期です。

暑さに慣れていないこの時期に気をつけなければならない事と言えば、

【熱中症】です。


熱中症は真夏は勿論、梅雨どきにも注意が必要です。


最高気温が上がった日には熱中症患者数が増加します。

また、熱帯夜が続くと深夜気温も高くなってしまうので熱中症が起こりやすいです。


梅雨の晴れ間や梅雨明けの蒸し暑さが残る時期も熱中症は多く、

これは身体が暑さに慣れていないので、上手に発汗出来ず、

身体の放熱量が少なくなる為、体温調整が出来ず熱中症になってしまいます。

暑い日が続くと徐々に身体が暑さに順応していきます。(暑熱順化)


熱中症はこの時期の6月から少しずつ増え、7月中旬からピークを迎えます。


熱中症は

気温が暑い日、湿度が高い日、風が弱い日、

熱いものが近くにある場所、急に暑くなった日などに発生しやすいので気をつけてください。


年代別だと男女共に

0-4歳          この年代は自分で体調不良を訴えにくい

15-19歳       部活などの激しい運動で発症

80-85歳     日常生活や運動での熱中症が多い  高齢での熱中症は重症化しやすいので要注意

上記のように年代別でかかりやすいので気をつけてください。


近年では熱中症は大きな問題になってます。

喉が渇いてから水分を摂取するのでは、すでに熱中症になりかかっていることが多く、

喉が渇く前からこまめに水分を取るように意識してください。

もし頭がボーッとしてきたら熱中症になりかけなので、

涼しい所で身体を冷やしたり、水分を摂取してください。


それでも気持ち悪さや熱感が治らない時は病院へ行きましょう。


Web予約はこちらをクリック!

≪施術に関してお気軽にご相談ください≫
■【相談窓口】042-815-3779
■神奈川県相模原市南区相模大野8-2-15
■相模原市の整骨院・さがみ名倉堂整骨院グループ
■さがみ名倉堂整骨院本院

■詳しくはさがみ名倉堂整骨院本院HPをクリック!

エキテンにて口コミも掲載させていただいております!